喫煙者が心得ておくべき合宿免許参加中の喫煙ルール

喫煙してはいけないのではないかといった不安は、ヘビースモーカーでなくても喫煙者なら気になるものです。率直に言って、禁煙ルールが設けられているかどうかについて答えるなら、答えはイエスです。

しかし、禁煙ルールの厳しさ・度合いは先や宿泊施設によりけりです。


喫煙に寛容なルールもあれば、まったくルールを提示していないところがあるのも事実です。ゆえに、ヘビースモーカーなら喫煙ルールが厳しくないところか、ルールが特別定められていないところを合宿免許先に選ぶのが得策です。



合宿免許参加中の喫煙は、飲酒とは別扱いになります。

禁酒だからといって、かならずしも禁煙であるとは限らないわけです。

基本的に、喫煙者として心得ておきたいことは、教習所によって喫煙できるところとできないところがあるほか、宿泊施設が全面的に禁煙と定めていることがあること、さらに禁煙スペースが設けられている場合は、別途喫煙スペースが用意されている可能性が高いことなどです。



つまり、自分できちんと希望に沿うようなキャンペーンを行う合宿免許先を選べば、禁煙ルールに悩まされることはほとんどないわけです。
忘れてはならないのは、喫煙・禁煙スペースは、教習所・宿泊施設内で設けられているだけではなく、ほかの周辺施設にまで設けられていることがある点です。

海外でも一つの区域や地域が、全面的に禁煙と定められるケースが珍しくなくなってきました。
日本でも同様に、地域が禁煙に向けて動く事例が実際にあります。地域によっては、都道府県単位ではなく、それぞれの地域の自治体や現地の機関が独自に禁煙ルールを定め、喫煙してはいけない区域を制定していることがあるので、初めての土地に合宿免許で訪れるときは、その土地の喫煙事情を事前に収集しておくほうがよいです。
ここはタバコを吸っていいのだろうかと喫煙・禁煙タイミングに悩まされることなく、合宿中を過ごすことができます。

キャンペーンを行う合宿免許について詳しく書かれています。